社会福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」にて位置付けられている国家資格を保持する社会福祉業務に携わる人のことであり、

ただし社会福祉士の資格というのは、名称独占資格となっていることから、社会福祉士の資格を持っていない人でも同じような業務を行うことが出来ますが、社会福祉士と名乗ることが出来るのは資格を持つ人のみとなります。

介護される側からしてみれば、社会福祉士の資格を持つ人の方が安心出来るかと思いますが、資格を持っているからといって、そこまで給料に反映されるというワケではありません。

しかし将来的に社会福祉士の資格保持者が増加してくることで、業務独占状態になることは十分に考えられます。

さて、そんな社会福祉士ですが、急な出費があり、どうしても現金が必要になった時に消費者金融や銀行系カードローンでキャッシングすることは可能なのでしょうか?

完全ボランティアで社会福祉士をしていて、他でも全く収入の無いという方の利用は出来ませんが、社会福祉士として収入を得ており、それが安定していれば審査の上即日に借入れすることが可能です。

個人で行っていたとしても、収入証明書さえ提出することが出来れば、雇用されている社会福祉士と同様にお金を借りることが出来ます。急にお金が必要な理由